看板の特長

丈夫で長もち、「伝わる」看板

「看板」は、ビジネスに必要不可欠なツールです。 適切な看板が設置されていれば、お客様にお店の名前や雰囲気、何を売っているのか、どんなサービスを提供しているのかを知ってもらい、安心して来店してもらうことができます。看板は広告ツールだけでなく、お客様とのコミュニケーションツールでもあります。

「看板」は、お客様の来店をアシストします。 伊豆の市町は、せまい道路や入りくんだ道が多く、カーナビで表示されない場所もあります。お店の案内看板が適切に設置されているかどうかで、売上に大きな違いが出てしまう例もあるほ ど。伊豆において看板は、広告という役割以上に重要な位置を占めているのです。

「看板」は、法令を遵守した設置が必要です。 伊東市は「富士伊豆箱根国立公園」のなかにあるため、看板など屋外広告物の設置法が厳しく定められています。お客様のご要望と最適なデザイン、そしてルールに則した設置。この3つがしっかり守られた看板の設置をご提案いたします。

耐久性

看板は、建物と同様に屋外の厳しい環境のなかで、長い間、風雨や紫外線にさらされます。強度や耐久性に問題のある材料を使用すると、短期間で看板の表面の色が薄くなったり、劣化したりする場合があります。また安易な制作・施工方法で看板をつけてしまうと、破損による倒壊や落 下の危険もあるのです。プロの目で選んだ材料を使い、十分な強度を確保した構造で施工する必要があります。

伝わりやすさ

人間がひと目で認識できる文字は、15文字ほどであると言われています。お店の特徴を1秒でわかっていただくにはインパクトだけでなく、目に入りやすい色とデザイン、そしてどんな情報を優 先して盛り込むかが伴となります。「伝わる看板」を作るときにこそ、地元のプロフェッショナル による長年の経験が活きるのです。

作業中の安全確保

施工中の事故が起きないよう、細心の注意を払って作業を行っています。また、設置後の看板で人と接触しやすい部分があれば、角に柔らかいゴムの素材を貼るなど、些細な部分の安全にも気を配っております。

コメントは受け付けていません。


SiteLock